たまごかけごはん

リトリーブサイコセラピーを勉強中(プロコース卒業済み)です。講座で勉強したことや、自分のあゆみを振り返ってまとめています。

トラウマとPTSD

振り返りはちょっとおやすみ。今月の勉強会で知ったことまとめです。

 

  • 仮にトラウマとなる体験をしたとしても、必ずしもそれがトラウマとしてその人の中に残り続けるとは限らなくて、たとえば、その人に安心安全が確保できる場があれば、トラウマにはならない可能性がある。
  • PTSDは、トラウマが原因となり発症する症状の一つ。
  • トラウマは中期記憶として記憶される。それは、ストーリーとして記憶されることもなければ、忘れられることもなく、分裂した形で残り続ける記憶。
  • 記憶や感覚が、言語と結びつかない状態であることで、暴露療法などで深くみていこうとするとより強固にロックがかかることがある。
  • それを言語化したり、認識できない感覚は、まずそれを感じることを本人が許可できるところまで持っていく必要がある。(タッピングとか、原始反射が有効になる場合がある)
  • 強いPTSDのセッションになってしまった場合、揺り戻しがくる場合がある。逆に、終わった時にスッキリしていなくても、後からじんわり変化が感じられることもある。

 

 

これらを講座で教えてもらい、頭で理解できたので、その後クライアント側を体験させてもらったら、ぼんやり感じていた感覚を取り出して、感情解放するまでに進めることができた気がします。

 

以下、クライアントとしてのわたしのメモです。

 

・主訴
リトリーブ(心理)の勉強をしている事を、周りに言えない


・理由

  • つらい体験(トラウマ体験)を母に言えない自分を重ねていた
  • わたしにとって、リトリーブは私のトラウマそのもののような存在だった
  • そもそも私は母を守ってあげようと思って使命で産まれてきた感覚があった
  • だから自分の気持ちを優先して話すことが出来なかった
  • そもそも何をされているのか理解できないほど自分は幼かった
  • それを表現する言葉を持ち合わせていなかった
  • さらに母が父に貰いたいものを私が奪っている感覚もあった
  • でもそれは本当に気持ち悪い感覚で受け入れがたかった(トラウマ体験)
  • 父には怖くて言えない、母にも申し訳なくて言えない(安心安全の場がない状態)、とにかくがまんして閉じ込めようとした


・考察
頭の中でこれらが同時に起こって、処理能力を超えて破裂して、トラウマとして残ったのでは?


・感情解放

感情解放は、自分が知ってる方法でしかできないと感じました。途中、セラピストさんに「発散させないで、しっかり内側から出す!」と、アシストしてもらい、自分のやり方を軌道修正できました。

それは、これまでとても衝動的に感情解放をしてきた自分にとっては難しい行動でした。結局、自分の感情を感じきるのが怖いので、衝動的に発散させることで達成感を味わおうとしてしまうのだなと思いました。本当の気持ちは、激昂するような感情ではなく、じんわりとした絶望感であり、すべてのちからを奪われるような無力感に近い感情だったような気がします。静かに胸の内に強くしまいこんだ感情。

昨日、そのことについて考えていましたが、人は自分との約束を無意識に守って生きているように感じました。いつかの時点で、自分と交わした約束や決意。プラスにのマイナスにもそれは強い効力を持っている、と感じました。

 

この勉強会に参加してよかったです。来月からも、定期的に勉強会に参加して、自分の問題を通して学びを整理していけたらと思います。

心理セラピーは魔法じゃない

基礎講座に通っていた頃は、毎日いろんな感情がぐるぐるしていて辛いことが多かったです。季節は真冬で寒いし、カズ姐さんには投影を起こして鬼のように怖いと感じていました。

そんなある日、カズ姐さんからのこの言葉。

「心理セラピーは魔法じゃない」


ゴーンと何かで殴られたように感じました。分かってるつもりで、分かってなかったんだと思います。助けてほしくて助けてほしくて、そこに並んで講義を受けて、時が来ればわたしは変わるのだと思いたかった。
でも違った。

でも、違っててよかった。今はそう言えます。自分で前に進む方法も、そのために体から出すチカラ加減も、一から身につけることができたから、もう魔法を夢見る必要もない、と、感じます。

リトリーブに通った1年、自分の育て直しをした、そんな言葉が今はとてもしっくりきます。

 

◆2016年1月9日

思考の癖のようなものがあります。
それに頻繁に気づくようになった気がします。
だいたい嫌な気持ちになったとき。
それは考え方の癖が出たときのような気がします。

ああ、わたしはこんな風に周りに合わせてるんだ。
今気持ちが悪いのは、また誰かの価値観に乗っかろうとしてるからだ。
こっちを観てほしい自分も繰り返している。
何回感じても、嫌な気持ちは何回でもあがってきます。

こういう気持ちとか、気づく作業は、これからもずーっと続いていくんでしょうか。*1

楽をしてるということが、いまいち分からなかったけど、癖に気づくと
癖に流されるのが楽なことが理解できる気がしました。
気づいたときに、修正する努力をせずに済むからです。
修正することを、意識して続けていけば、修正する必要もなくなるときが来るのかなぁ。*2

わたしは、そのときが来てほしいです。

今までよりは、嫌な気持ちを引きずることは無くなってきましたが、
やはりここから抜けたいと思います。
最初は、このコースに通えばそのときが来ると思ってました。
違いました。

その次は、こうなった原因やきっかけが見つかれば、
スイッチが切り替わるようにそうなると思ってました。

それも違うようです。
そのときが来てほしい。
そう思います。*3

 

*1:気づく作業はもう習慣になり、その度に嫌な感覚になることも少なくなってくるよ、とこの時の自分に教えてあげたいです。そしてそれは魔法ではなく、あなたのチカラなのだと。

*2:癖に気づくと修正する前に、その癖を引っ込めることができるようになったり、そのうちその癖自体も出てこなくなってくるんじゃないか、と感じます

*3:このときは本当に、何を信じていいのか、誰がわたしの味方なのか、それまでの概念の中の味方がほとんどいなくて、とても辛かった時期でした。

演技性パーソナリティ障害??

他人を魅了しなければ、自分が無価値になるという思い込みである。
自分の前にいる者を魅了し、驚かし、注意を惹きつけることが、
自分の存在を保つために、何よりも重要と考えるのである。

中略

演技性パーソナリティ障害の人にとって、
他者の目、他人の評価こそが重要なのである。
だが、ナルシシストのように、生身の自分そのままで勝負するほど、
自分を愛しているわけではない。
彼らは、自分が空想する幻の自分を作り出し、それで勝負しようとするのだ。
あたかも、その空想の中の自分が、現実の自分であるかのように錯覚することで。

ー「パーソナリティ障害」岡田尊司PHP新書)よりー


基礎中盤〜プロに進んでからも、私のベースに「演技性」の部分が強くあると自覚はしていて、人の注目を集めるための無意識的な行動が多い、ということを客観的に気づいてからしばらくは、とても苦しい日々でした。

 

演技性パーソナリティ障害の人は、つい周囲の気持ちに合わせて反応したり、
振舞ってしまう。
みんなを楽しませ、みんなに愛されることで、自分を保とうとするのだ。

中略

そういう生活を、子供のころからずっと続けているため、自分の本当の気持ちというものを、ほとんど省みなくなっている。

ー同著よりー


今でも「演技性」が出てしまうのではないか、とふとした時にも自戒することがあり、
なんとか自分の中に意識を戻すために、基礎卒業後から、自分の軸からそれそうになるたびに自分が決めた事やモノに意識を向けることで、自分の感覚に触れるという意識付けをしてから約半年。
今もその習慣を続けていて、無いよりはある方が意識しやすいと感じてます。

◆2015年12月8日 (長いので抜粋)

ひとりごとです。そして愚痴です。わたしは弱いです。
そして弱いですアピールをして構われたいと思ってます。

この前、ここで質問をしました。回答や反応を得られていない期間が長くなり、ざわざわ苦しく所在ないです。

この自分の気持ちを感じて言葉で書くと、
「あー、またわたし変なことしたのかな。回答に値しないことを書いてしまったのかな。みんなわたしがアホなこと書き込んでるって心のなかで笑ってるのかな。この人やっぱりだめだなって思われてるのかな」
と、自分の行動の否定を始めてます。

そして、書いてしまったことを無くしてしまいたい、
削除してしまいたい気持ちになります。。
こうやって、不都合なことには向き合わず自分の本当の感情を
無かったことにして生きてきたんだなと思います。

見てもらえる、取り合ってもらえるものにだけ価値をおいていることが
よく分かります。
うすうす感じていたけれど、言葉にすると恥ずかしいです。
ほんとにほんとに恥ずかしいです。
そして、そうやってまた、わたし否定をし続けます。

振り返ると小学生の頃、プリントや書き取りのノートに
誤りを残すのが嫌で、間違った回答はすべて消ゴムで消して、
正しいものだけを書き残す癖がありました。

わたしの勉強の跡は、まるで解答集でした。
自分でも嫌いな癖でした。
なぜそうしないと納得できないのか、自分でも分からないまま
大人になりました。
認められるものしか、誰かが○をつけたものしか、
自分のなかで価値を持てなかった。

誰か(母親)に誉めてもらいたかったとか、認めてもらいたかったとか、
そういう類いのことなのか、何か別のところから来てた感情なのかは、
まだ分からないです。
きっとまだそれを知りたくなくて自分がうやむやにしてるのを感じます。

結局何について感じようとしていたのか、整理していたのか、どうなりたいと思ってたのか、自分で頭の中をぐしゃぐしゃにしています。

これまで頑張ってきた自分も、病気にばかりなる自分も、
自分の感情が分からない自分も、頭ばかり動く自分も、
自分のことを否定し続けてる自分も、なかなか素直になれない自分も、
落ち着いて自分に向き合えない自分も、
こんなこと書いてまた甘えてるって言われるんだろうなって
予防線を張ってる自分も、大嫌いすぎてびっくりです。

嫌いなもんは嫌いです。ほんとは好きなのに大嫌いです。

インナーチャイルド癒してる場合じゃないです。

インナーチャイルドが見えない

リトリーブ基礎コースでは、インナーチャイルドワークを習います。

この記事を書こうと思って、「インナーチャイルド」の定義みたいなのがどこかに書いてないかなと検索していたら、「内なる子供」とか「傷ついた子供の心」とかそういう説明が書かれてることが多い。
そしてそれらを癒すためのアドバイスや、スピリチュアルな考え方などもたくさんヒットするし、癒しのワークを頑張ってたけど何も変わらない、とか、インナーチャイルドなんてほんとはいない!と拗ねちゃってる人など、インナーチャイルドが気になるけれど、うまく癒せずにみなさん翻弄されているのかなぁ、と思いました。


そんなわたしも、つい最近まで、インチャイとの付き合い方が分かりませんでした。

インチャイに翻弄された理由は、今になって思うと単純だけど深くて、

  • インチャイを癒せるほど、自分が今の自分のことも過去の自分のことも理解できていない
  • インチャイに愛を与えられるだけのパワーが今の自分にない
  • そもそも今の自分が愛を知らないから、インチャイを愛してあげる方法がわからない
  • インチャイは自分だから、自分が嫌いだとインチャイも好きになれない

とか、そういうことなんだと思います。
これ、1年かけてようやくうっすら分かってきつつあることです。
(セラピストの方々に言わせると、もっといろいろ出てきそう)


◆2015年11月30日

今日はいろんなことを知った日でした。

インナーチャイルドの存在と、そのワーク。
PTSDのことを講義で教わったこと。(フラッシュバックと、解離)
・エンプティチェアのワーク。

わたしのインナーチャイルドは見えないところに隔離されている赤ん坊の姿でした。*1
その子の存在を感じると、とても冷たくて、触れていても
なかなか胸の中に溶け込ませる気持ちにはなれませんでした。

しかも、なんとか溶け込ませても、ものすごく寒さを感じました。
カズ姐さんは、インナーチャイルドのワークは楽しいと言ってたけど、
今日のワークをしたあとは、もうしばらくやりたくないと感じました。

次にわたしのPTSDについて。
毎回オープンセッションを見ていて反応が出ます。
その反応と、昨日教えてもらった魂を抜いちゃうことがわたしなのだと知りました。
言葉でこれらのことを頭の中に入れたことで、
得体が知らない自分のからだの反応に対する拒否感が薄くなりました。

わたしは、これなんだ。って今日ようやくストンと受け取れました。

最後は、エンプティチェア。
家族との距離も向きも全然見えませんでした。
お父さんの椅子に入ると、ものすごく辛い気持ちになって、
負の感情が強すぎなことに今日はじめて気付きました。

お母さんの椅子に入ろうとすると、お母さんの椅子からはパワーが溢れすぎてて、
この人になるのは、空想でも無理だとお尻をつける前から感じました。
体が拒否しました。

父親の感情の強さと、母パワーを拒否しすぎて震えと恐怖がすごい出てくるので
中止してもらいました。

それでチェアのワークを引きずりすぎてオープンに手を挙げ損ないました。*2

 

*1:最初は全然見えないし、感じることができないので、何このワーク楽しくないな、と思っていた

*2:それは嘘で、先延ばししたかっただけだと今は思う

大人になってこんなにも「怖い」という感情を感じたのは初めてでした

カズ姐さんの「リトリーブサイコセラピー基礎コース」に通うことに決めた時も、講座の初日も120パーセント、自分の問題には無自覚だった。

これは、今後何回も言うと思うけど後日カズ姐さんに
「捨てられた犬のような目をしていた」と言われたのは今でも忘れない。
(決してダンボールに入ってる子犬をさしてるわけではなく、野良犬という意味だとのこと)

講座の中のシェアタイムに、自分が将来的にどうなりたいか、をシェアすることがあり、私は確かそのとき『自分を分裂させるのをやめたい』って言ったと覚えてます。
なぜそんな不思議なことを話したのか、あの時は全くわからなかったんですが、ずっと後からわかったのですが、わたしは結果的に解離が激しかったので、無意識が話してたんだろうなと、いまは分かります。

リトリーブってすごい。
あの場にいて話をするだけで、自分では無自覚で30年以上生きていたのに。すでに少しずつ扉は開かれていたわけです。



◆2015年11月18日

1日目も2日目もオープン*1の時に
人生で初めてものすごい恐怖に襲われてどうにもならなかった*2
みんなのようには、自分の中で起こったことが消化できずにいます。

11月になって最初の数日間は、人生で初めて味わったフラッシュバック?PTSD?に
日常生活が送れるかどうかの不安がありました。*3
でも日常は不思議なくらい今まで通りに過ぎていきました。
だから、並行してセッションを受けるべきかも自分のなかで結論が出ないままです。

課題図書を読んでは、自分にもあるかもしれない問題探し・普通じゃない部分探し
ばかりしている自分がいます。
たとえば、こうやってコメントを書き込んで、みんなに読んでもらうってことは、
わたしにとって、自分に注目してもらいたいとか*4それが問題なのかな、とか。
そんな風な意味があるんじゃないかな。


どの行動も、どんな意識も上がってきては否定したくなったり、
問題行動なんじゃないか、って疑ってみたり。
きりがないまま、うろうろしてます。

みなさんが変わり始めている様子を拝見して、すごいな。うらやましいな。
わたしもそんな風になりたいな、って思って、コメントを読んでいるだけで、
もう何週間も経ってしまいました。

 

*1:オープンセッションのこと。受講生が見ている中でセッションを受けること。セッションを受ける本人はもちろん、見学している側にも反応が起こったり、気づきがあったりする。リトリーブの基礎・プロともに毎回講義の最後に実施されます。

*2:具体的には見ていて、体がガクガク震え始めて、アシスタントさんに抱きしめてもらってもまだ震えが止まらず、挙句の果てにはその場にいることができなくなり、逃げ出してしまったり奇声を発してしまったりしました

*3:2日目の自分の反応は、解離みたいな感じでオジさんのような別人格がでていたような記憶があり、それは自分で解離を自覚した最初の日で、怖くて怖くてたまりませんでした。

*4:この時点で気づいてたのは、今思うと驚きですが、この演技性な部分はこの後基礎卒業してプロの初日まで続きました、、、

リトリーブサイコセラピー東京プロ3期を卒業しました

リトリーブサイコセラピーに出会って約1年。
この度、プロコースを無事に卒業することができました。

ここまでの1年を振り返りながら、受講中に仲間とシェアしていた文章なども
参考にしながらまとめていこうと思います。

振り返りの記事を書き終えたら、そこから未来について考えていけたらなと
うっすらと考えています。