たまごかけごはん

リトリーブサイコセラピーを勉強中(プロコース卒業済み)です。講座で勉強したことや、自分のあゆみを振り返ってまとめています。

母を呼ぶこころの声

わたしのこころは、いまだに3才くらいの子どものままだ。 処理できないことを目の前にすると、お母さん、お母さん、と、母親を呼び続けている。 その気持ちが未完了なので、処理できない問題を作り出しているように感じる。 そろそろ潮時。向き合う時間だ。

育つ

最近、テレビばっかり見てるから、テレビの話になるんだけど。 ドラマとかで人が成長したり、悩んだりするシーン見てると、誰もが生きる道で悩んだり決断したりを練習しながら繰り返してるんだなぁ、って分かる。今までは体感として理解してなかった。 リト…

やりたいこと。止められないこと。

自分がどうしたいのか、を、ずっと考えている。 やりたいことも、やめたいことも、本当にそうなのか分からなくなる。分からなくさせることで、生きていることが出来る。ほんものの自分の感情や感覚にアクセスすることが、怖い。 自分の感情を感じようとする…

人の心理を学ぶということ

心理を学び、人の感情を客観的に理解できるようになることの弊害として、今まで心が揺さぶられ、簡単な言葉で言うと「感動をしたり」「面白い!と喜んだり」していたことにも線を引いてしまい、作品の作り手の意図をぶち壊してしまうことがあるのではないか…

日常を生きること

信頼できる人、安心で安全な関係を築けている人と付き合うと、1日の始まりに感じている自分の進みたいペースや方向と、1日の終わりに感じている感情に、あまりズレが生じない。 方法や、具体的な結果は問題では無くて、1日の終わりに、今日一日いろいろあっ…

わたしはなにも失ってはいない

性虐待は「魂の殺人」と呼ばれているそうです。 わたしの場合は、そこまで酷いものではないのかもしれないですが(事実はこの場合そんなに重要ではないそうです)、セッションの中でそれを受けたに近い感覚と恐怖がありました。記憶はないので、覚えてないのか…

あなたの中に、あなたはいますか?

自分の中にある解離グセを認識して、はや1年と少し。 解離を完全に止めることはなかなか難しいけれど、解離してる時に「あ、私がいない」と気づくこともできるようになってきた。 解離(かいり)という言葉は、精神医学・臨床心理学の範囲に限っても、使われ…

華麗なる投影

向き合いたくない人がいる。 それは自分を投影しているから。 何度も何度も繰り返し、投影が起こる見事なカラクリにハッとした経験をしても、まだ、華麗に投影を起こしては先に進めない、と唸っていることが多い。 あー、あの人に会いたくないなぁ、と思うと…

海の青や、水の音を美しいと感じることと

自然を体感することを美しいと思うことと、写真のなかにある洋服のスタイリングや、表情をいく通りにも彩るメイクの力に感動することは、対等に認めても良いのか、についてこの3ヶ月くらいずっと考えている。 認めたいのだ。 いや、認めたいという気持ちを、…

バラバラの自分の正体

ずーっと持っている自分のテーマに、「バラバラの自分」というのがあります。 少し前までのわたしは、自分の軸がなく(今も探し中)、その事に気づきもしていなかったので、自分というものを常に無意識に探し続けていました。 そのため、多種多様なコミュニテ…

経験や意識を「軸の自分」に統合する

茂木さんのブログはいつも、方向のヒントを与えてくれる気がして好きです。 http://lineblog.me/mogikenichiro/archives/8315808.html リトリーブを学び、自分の愛着の傷を知り、過去のトラウマに気づき、それと向き合っていくことを意識し始めた時に、これ…

2017年の自分について

2017年になりました。あけましておめでとうございます。 12月の途中まで、プロコースを卒業したことで浮き足立っている感覚がありましたが、1ヶ月が経ち、日常に返っていく過程で、また新しい気付きなどと共に日々を過ごしています。 1ヶ月前のわたしは、プ…

嫌な気分に埋れてしまわない心のタフさとは

忘年会シーズン真っ只中です。 年に、この時だけ会うような人とかも沢山いますよね。去年は絶賛リトリーブ基礎の葛藤中だったので、そんな場に出ていくこともほとんどありませんでした。 それはそれで、嫌な気持ちになることもないから良かったのですが、今…

性虐待の記憶はいつか戻る時がくるのか

記憶をさかのぼると、はっきり映像として思い出せるのは小学校2年性の時に、全校集会の時にシーンとした体育館で突然叫んでしまい、先生が走ってきてわたしをビンタした時です。はっ、と目がさめるようにびっくりしたと共に、とても悲しい気持ちになったのを…

トラウマとPTSD

振り返りはちょっとおやすみ。今月の勉強会で知ったことまとめです。 仮にトラウマとなる体験をしたとしても、必ずしもそれがトラウマとしてその人の中に残り続けるとは限らなくて、たとえば、その人に安心安全が確保できる場があれば、トラウマにはならない…

心理セラピーは魔法じゃない

基礎講座に通っていた頃は、毎日いろんな感情がぐるぐるしていて辛いことが多かったです。季節は真冬で寒いし、カズ姐さんには投影を起こして鬼のように怖いと感じていました。そんなある日、カズ姐さんからのこの言葉。「心理セラピーは魔法じゃない」 ゴー…

演技性パーソナリティ障害??

他人を魅了しなければ、自分が無価値になるという思い込みである。自分の前にいる者を魅了し、驚かし、注意を惹きつけることが、自分の存在を保つために、何よりも重要と考えるのである。 中略 演技性パーソナリティ障害の人にとって、他者の目、他人の評価…

インナーチャイルドが見えない

リトリーブ基礎コースでは、インナーチャイルドワークを習います。この記事を書こうと思って、「インナーチャイルド」の定義みたいなのがどこかに書いてないかなと検索していたら、「内なる子供」とか「傷ついた子供の心」とかそういう説明が書かれてること…

大人になってこんなにも「怖い」という感情を感じたのは初めてでした

カズ姐さんの「リトリーブサイコセラピー基礎コース」に通うことに決めた時も、講座の初日も120パーセント、自分の問題には無自覚だった。これは、今後何回も言うと思うけど後日カズ姐さんに「捨てられた犬のような目をしていた」と言われたのは今でも忘れな…

リトリーブサイコセラピー東京プロ3期を卒業しました

リトリーブサイコセラピーに出会って約1年。この度、プロコースを無事に卒業することができました。ここまでの1年を振り返りながら、受講中に仲間とシェアしていた文章なども参考にしながらまとめていこうと思います。振り返りの記事を書き終えたら、そこか…