たまごかけごはん

リトリーブサイコセラピーを勉強中(プロコース卒業済み)です。講座で勉強したことや、自分のあゆみを振り返ってまとめています。

2017年の自分について

2017年になりました。あけましておめでとうございます。

 

12月の途中まで、プロコースを卒業したことで浮き足立っている感覚がありましたが、1ヶ月が経ち、日常に返っていく過程で、また新しい気付きなどと共に日々を過ごしています。

 

1ヶ月前のわたしは、プロのセラピストになる?なれる?わたしの経験を誰かの為に使えるのでは?みたいな考えがありました。そこに思考を集中してしまい、結局「わたし」はおいてけぼり。気付いたのでよしとしましょう。

 

そういう思考に行きついた原因を探しました。みんなが思う癒しの過程を、みんなのように経なければならない。そう思っていたのでしょう。いつも「みんな」を使ってしまうけど、わたしの中のみんなって、なんだろうなぁ。無意識の中の「こうあるべきという役割」なんだと思います。

 

もうそれはしんどいなぁ。

わたしには、私の人生があるんだよなぁ。自分で感じて考えて作っていきたいよ。

 

セッションを受けるにしても、なんかブレてたと思う。まずは目標をもって、そこへ向かうのをせき止めているブロックを見ていく、っていう方法がいいのではない?

 

そもそも、ありたい姿が見えない見えない、って、それすらも「みんな」のレールに乗ってしまっているのではない?

わたしは知ってるはずなんだよ。わたしがやりたいこと。それを見つけるのはセッションじゃないよね。そして、それが無いことにはセッションもスカるはず。

 

まずは、小さな目標から、積み重ねていこう。コツコツ諦めず、積み上げることをやってみてもいいんじゃないかなぁ。

 

その時に絶対に忘れないこと

  • 今が嫌だからこうなりたい
  • 誰々が嫌いだからこうしたい
  • 誰々のようにしたい
  • こんなことやってる自分はすごい
  • 人からの見栄えで選ぶ
  • 媚びる

これらはNG。気をつけてとりくもうね、わたし。